カテゴリー: 水素水の選び方

理想的な水素水の選び方

身体の活性酸素を減らして健康体にするために、水素水を毎日適量飲むことは、大変良いことです。
ただ、せっかく飲むのであれば、良質な水素水を選ばなければ意味がありません。

では、質の高い水素水を選ぶには、どんな点にポイントを置くのが、飯のでしょうか。

●適正な濃度のものを選ぶこと
まずは適正な濃度の水素が含まれているものを選ぶことです。
水素がたくさん含まれているのであれば、良質な印象を覚えるのですが、必ずしもそうというわけではありません。
水素水のメーカーでは、製造する段階で
高い濃度の水素が溶けています。
その水素の限界濃度は1.6ppmと言われているのですが、飲む際に蓋を空けると、このレベルの水素は、一気に抜けてしまいます。
そのために水素水のを選ぶ際には、少なくとも1.6ppm以上のものを選ぶことが必要です。
また、水素は常温で不活性な物質の特性があるのてわ、体内に取り込んでいても、すぐに身体の外に出てしまいます。

また、体内での水素濃度が0.4ppm以上あると、一定の効果を得られることが知られています。
これが0.4ppmを下がる濃度のものになると、水素水の効果に差が出てくるので、0.4ppm以上の水素を体内に取り込むのであれば、少なくとも1.0ppm以上の濃度を水素水が理想的です。
工場を出荷される段階で水素水の濃度1.0ppm以上が1つの目安になってきます。

●アルミパウチのものを選ぶ
水素は非常に小さな分子の構成になっているために、ペットボトルでは水素か簡単に抜け切ってしまいます。
そのために、購入して飲む頃には水素がなくなってしまきます。
しかし、アルミニウムは一定の水素濃度を保つことができます。

しかも、アルミニウムで空気を入れないような パウチ容器に入っている水素水は、良 質を維持することができます。

このことから、水素水の容器は、 気密性の高いアルミパウチを採用しているものを選んで購入することが望ましいと言えます。