水素水の濃度はどの位が良いのか

水素水とは、水素分子のガスを溶かした水のことです。水素水を摂取することで、体内の活性酸素と水素が結合します。そうなることで、活性酸素を無害化できることが期待されています。活性酸素は老化に関係する物質といわれていて、それを無害化させることで健康に良い効果が出るのではないかと注目されているのです。このように多くの人が関心を寄せる水素水ですが、世の中には色々な種類の水素水が販売されています。その中で、どの商品を選んでよいのか迷う人も少なくありません。
水素水を購入するうえで、まず知っておきたいことは水素濃度です。水素濃度とは、水に溶けている水素の濃度のことです。できるだけ濃度が高い商品を選ぶと良いですが、基準となるのが水素濃度が1.6ppmであることです。ppmとは、parts per million(100万分の1)を表した単位のことです。1ppmとは、水1L(1kg)に1mg(1kgの100万分の1)の水素が溶けていることを示すため、1.6ppmは水1Lに1.6mgの水素が含まれています。何故1.6ppmが基準となるかといえば、水1Lに溶け込ませられる水素の上限量が1.6mgだからです。
では、どれ位の濃度が良いかというと、これには諸説あって一概に何ppmが良いというはっきりした情報はないです。しかし、目安としては0.3ppm~1ppmくらいの商品が良いといわれています。一般的には濃度が低い方が価格が安く、濃いほど高くなる傾向ですが、様々な付加価値によって価格が上下することは知っておくと良いです。価格は水素水を選ぶ上で非常に重要なポイントであり、いくら濃度が濃くても価格が高すぎては、毎日飲み続けることができません。そのため、毎日飲み続けるためには、どの位のコストまでなら大丈夫なのかを考慮してから商品を選ぶと良いです。コストの許容範囲は人によって異なるため、まず家計をチェックすることが肝心です。